ホワイトニングのご案内

診療時間表

時間
10:00~13:30
15:30~19:30
★9:00~13:30、14:30~17:00
休診日:日曜・祝日

担当医表

院長
Dr.小糸
院長院長
Dr.小糸
Dr.小糸院長
Dr.小糸
院長
Dr.小糸

03-6712-2506

〒153-0052 東京都目黒区祐天寺2-20-9三橋ビル1階





  • web予約

  • 電話

  • web予約
  • 電話

ホワイトニングのご案内

ホワイトニングとは

「自分の歯の色が黄味がかっている」「もっと白い歯になりたい」…
歯の色でお悩みはありませんか?
ホワイトニングでは、歯磨きや通常のクリーニングでは落とすことができない歯の色
素沈着を専用のジェルや薬剤、レーザーなどで歯を漂白します。
歯の表面を削ることなく、色素を分解することで歯を白くすることができます。
白い歯は清潔感があり、自分の笑顔に自信を持つことにもつながります。


当院のホワイトニングの特徴

当院では、患者様に安全に、そして確かなホワイトニング効果を実感していただくために、ポリリン酸ホワイトニングを採用しています。

ポリリン酸ホワイトニングのメリット

イメージ画像

1 痛くない・しみない
従来のホワイトニングは、歯を漂白するため、処置中にしみることがありました。ポリリン酸ホワイトニングは、歯の汚れを浮かした上で漂白をするため、弱い漂白作用でも十分に白くすることができます。ポリリン酸は人体にも含まれている成分で、痛みもほとんどないので安心です。


イメージ画像

2 食事制限は一切なし
これまでのホワイトニングでは、施術後の色戻りを防ぐために、カレーやコーヒーなど色の濃い食べ物を制限する必要がありました。ポリリン酸には歯をコーティングする役割もあるため、施術後の食事の制限は一切必要なく、より快適に過ごせます。


イメージ画像

3 白さが長持ち
歯の表面をコーティングする作用もあるポリリン酸は、汚れがつきにくく、歯の白さが長持ち。さらに、コーティングによる虫歯予防の効果もあります。


歯に色がつく原因は?

歯に色がつく機会は日常生活の中にあふれています。歯が着色してしまう原因には以下のものがあります。

イメージ画像

1 加齢によるもの
歯は、内側部分にある象牙質とよばれる黄色の歯質の上に、白色のエナメル質で覆われています。歯を使うほど、エナメル質がすり減っていくので、次第に歯が黄色っぽくみえるようになります。


イメージ画像

2 食べ物や飲み物によるもの
カレーやコーヒー、チョコレート、赤ワインなどを食べたり飲んだりすると、歯に着色汚れがつくようになります。


イメージ画像

3 タバコによるもの
タバコに含まれるタールにより、ヤニ汚れがつくようになり、通常の歯磨きでも落としにくくなります。


ホワイトニングの方法

当院では、ご自宅で行う「ホームホワイトニング」と、歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」を選択することができます。 いずれの方法も施術前にお口の写真を撮影し、歯の色の確認をします。また、ホワイトニング効果を高めるために、歯のクリーニングを行っております。

https://yutenji-eishin-dc.jp/menu/white.html

オフィスホワイトニング

すぐにホワイトニング効果を実感したい人は、オフィスホワイトニングがおすすめです。
オフィスホワイトニングでは、専用のジェルを歯に塗布し、光照射を行います。

治療の流れ
  1. 歯ぐきや唇を保護したのち、歯の表面にホワイトニングジェルを塗布します。
  2. 一定の時間、特殊な光を照射します。
  3. ホワイトニングの効果を確認します。

https://yutenji-eishin-dc.jp/menu/white.html

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、時間をかけて歯を白くしていくため、効果が長続きします。ご自身のタイミングでじっくり歯のホワイトニングを行いたい人におすすめです。

治療の流れ
  1. 1回目の来院で、患者様それぞれにマウスピースを作製するための型取りをします。
  2. 2回目の来院で、出来上がったマウスピースとホワイトニングジェルをお渡しします。
  3. 自宅でマウスピースの中にジェルを流し込んで、お口にはめていただきます。
    これを2~3週間続けていただきます。
    (マウスピースをはめている間の飲食は控えてください。)

ホワイトニングQ&A

Q ホワイトニングの際、痛みはありますか?
A 当院では、ほとんど痛みのないホワイトニングを使用していますのでご安心ください。

Q すべての歯をホワイトニングで白くすることはできますか?
A 歯の詰め物や被せ物は白くすることはできません。また、神経を抜いてしまった歯では、そのほかの歯と比べて白くなりにくい場合がございます。

Q ホワイトニングは安全ですか?
A ホワイトニングに使用するジェルに含まれる成分は無色化するものですので、歯を傷つけたりする心配はありません。もし気になることがあれば、ご遠慮なく当院のスタッフにおたずねください。

Q 誰でもホワイトニングできますか?
A 妊娠中や授乳中の方、お子様、知覚過敏が強い方、また重度の歯周病の方は、ホワイトニングをお断りさせていただいております。当院では事前に検査を行い、カウンセリングにて処置が可能かどうか判断いたします。

 

ページトップへ