歯周病治療のご案内

歯周病治療のご案内

お口の健康は
歯だけではなく歯茎も関係しています

世界で最も多くかかっている感染症といわれるのが、歯周病だという事実をご存知ですか?
歯磨きの習慣がしっかりしている日本でも、成人の80%が歯周病にかかっているとされています。
あなたも歯周病にかかっていないか簡単にチェックしてみましょう。

歯周病の簡単セルフチェック

  • 朝起きると、口の中がネバネバする
  • 口がくさい
  • 歯肉が赤く腫れている
  • 歯磨きをするときに、血が出る
  • 歯肉がむずがゆい、痛い
  • 固い物がかみづらくなった
  • 歯と歯の間にすき間ができて、
    食べ物のカスがはさまりやすい
  • 歯が長くなったような気がする

上記の症状にいくつか当てはまる人は、歯周病にかかっている可能性があります。
歯科医院で検査してもらいましょう。

歯周病について

イメージ画像

歯周病は、歯垢や歯石の中の歯周病菌によって歯肉に炎症が起こる病気です。
歯周病が進むと、歯を支える骨が溶けていくため、歯を失う最も大きな原因となっています。


歯周病が全身に及ぼす影響

歯周病は、お口だけではなく全身の疾患にもつながります。
次の項目に当てはまる人は、歯周病により病気や症状のリスクが上がる可能性があります。


https://yutenji-eishin-dc.jp/menu/perio.html

動脈硬化のリスクがある方

歯周病菌が血液に入ると、血管が細くなり、狭心症や心筋梗塞のリスクが上がります。


https://yutenji-eishin-dc.jp/menu/perio.html

心臓病のある方

心臓病がある場合などは、血液中の歯周病菌が、人工弁や心内膜などに付着・増殖し、感染性心内膜炎を誘発することがあります。


https://yutenji-eishin-dc.jp/menu/perio.html

糖尿病の方

以前から歯周病と糖尿病には密接な関係があることが分かっています。血液中に歯周病菌が入ると、インスリンの機能に影響を及ぼします。


https://yutenji-eishin-dc.jp/menu/perio.html

妊娠中の方

妊娠中は女性ホルモンの働きで炎症物質が作られやすく、歯肉炎が起こりやすい期間です。妊娠中に歯周病にかかると、低体重児や早産のリスクが上がることが分かっています。


https://yutenji-eishin-dc.jp/menu/perio.html

高齢の方

高齢になると、かんだり飲み込んだりする機能が衰えていくもの。食べ物が誤って気管に入ることで起こる「誤嚥性肺炎」の原因の多くが歯周病菌です。


https://yutenji-eishin-dc.jp/menu/perio.html

がん家系の方

最近の研究によると、歯周病によりがん、特に消化器系のがんリスクが高くなることがわかってきました。


歯周病の原因

イメージ画像

お口の中には300~500種類もの細菌が棲んでいることを知っていますか?毎日歯のブラッシングをしなかったり、砂糖を過剰に摂取すると細菌がネバネバした物質を作り出し、歯の表面にくっつきます。 これを歯垢(プラーク)と言い、プラークの中の細菌が、虫歯や歯周病を引き起こします。

歯周病とは、プラークが歯肉の炎症を引き起こし、ついには、歯を支える骨をも溶かしてしまう病気です。

次のようなケースに当てはまる人は歯周病のリスクが上がりやすくなります。

かみ合わせが悪い
歯の被せ物が合わない
不規則な食習慣
タバコを吸っている
ストレスが多い
全身性の病気にかかっている(糖尿病や骨粗鬆症など)

これまで一度歯周病になると治すのが困難とされていましたが、現在は早い段階からケアしていくことで予防や治療が可能です。


歯周病の進行と治療

歯周病は4つのステージに分けられ、それぞれに応じた治療を行っていきます。


定期的なケアが大切

イメージ画像

歯周病を放っておくと、歯肉の炎症にとどまらず、歯を失うことになります。歯磨きをしっかり行うことはもちろん、ふだんのケアで取れない汚れを定期的に取り除くことが、歯周病対策への第一歩です。

当院では、患者様のライフスタイルやお口の状態に合わせて、治療やケアを行っていきます。歯周病でお悩みの方や予防したい方は、お気軽にご相談ください。