審美歯科のご案内

審美歯科のご案内

見た目も機能も
兼ねそろえた歯科治療を

審美歯科では、セラミックなどの素材を使用した白い被せ物、詰め物などで
歯や口元などの見た目の美しさも追求した治療を行います。
当院では患者様がより笑顔に自信が持てるよう、最善を尽くしてサポートいたします。


当院の審美歯科の特徴

イメージ画像

歯科技工士によるオーダーメイド審美治療
歯科治療とモノづくりのそれぞれのプロが連携することで、精密で審美性の高い治療をご提供しております。通常では、歯科医師が歯形を取った後、歯科技工所に発注をするという形式になりますが、当院では、被せ物の種類や必要に応じて歯科技工士が来院し、診断結果を元に打ち合わせを行い製作に入ります。細かい色や形など患者様のご希望に沿うことが可能です。


保険診療と自費診療の違い

歯の治療を行う際に気になるのが、治療にかかる費用ではないでしょうか。歯科治療では、「保険診療」と「自費診療」に大きく分けられます。

保険診療
銀歯等の一般的な被せ物、詰め物は
保険診療となります
自費診療
セラミックなどの素材を使用した被せ物、
詰め物は自費診療となります

    保険が適用されるため、治療費が割安です。

    お口の機能回復を目的としているため、使える素材が決められています。先進的な治療方法は対象外となる場合もあります。

https://yutenji-eishin-dc.jp/menu/esthe.html

さまざまな選択肢から、自分に合った治療を選んで受けられます。

自然な見た目やかみ心地の追求ができます。

費用は高くなりますが、時間をかけて丁寧に治療を行いますので、精度の高い詰め物、被せ物の提供が可能です。

https://yutenji-eishin-dc.jp/menu/esthe.html

詰め物・被せ物の種類について

イメージ画像

オールセラミッククラウン (ジルコニア、e-max)
ジルコニア
人口ダイヤモンドとも呼ばれるジルコニアは、強度に優れたセラミック(陶器)です。透明感のある自然な仕上がりになり、変色する心配もありません。

e-max
最先端のセラミック治療となるのが、e-maxです。ほどよい固さがあるため、かんだときの違和感が少なく、かみ合わせの歯への負担が少なくなります。ジルコニアと比べると、繊細な色調にやや劣ります。


イメージ画像

メタルボンドクラウン
セラミックの内側を金属で裏打ちした被せ物です。金属を使用しているため強度に優れ、ほとんどの部位に使用できます。その反面、数年後に歯ぐきが黒ずんできたり、歯と歯茎の境界が目立つことも。


イメージ画像

ハイブリッドクラウン
セラミックとレジン(プラスチック)を混ぜ合わせたものです。オールセラミックと比べて柔らかめの材質であるため、かんだときの違和感が少なく、またかみ合わせる歯への負担が少なくなります。その一方で、レジンが配合されていることにより、経年とともに変色が見られたり、被せ物と歯茎の境が見えてくることがあります。


イメージ画像

ラミネートベニア
歯の表面を薄く削り、薄いセラミックを貼り付ける方法で、主に前歯の治療で使用します。歯を削る量を最小限に抑えるというメリットがある反面、かみ合わせや歯の状態によっては使用できない場合もあります。

詰め物・被せ物の料金はこちら▶


セラミックの特徴

セラミックの最大の特徴は、なんといってもその美しさになります。そのほかにも、セラミックには次のような特徴があります。

イメージ画像

天然の歯に近い透明感や、色調を再現することができる
プラーク(歯垢)をよせつけないため、歯茎にも優しい
金属を使用しないため、金属アレルギーの人にもおすすめ (オールセラミックの場合)
数年経って歯茎が黒ずんだり、歯との境が目立つ心配 がない


審美治療の流れ

当院の審美治療は次のような流れで行われます。

イメージ画像

STEP 1 診断用の歯型の製作

必要な検査を行ったのち、技工士と口腔内の写真を元に、歯の形や機能について、綿密な打ち合わせを行いながら、診断用の歯型を製作します。


イメージ画像

STEP 2 カウンセリング

技工士との打ち合わせによる診断を、患者様にお伝えします。患者様のご要望も取り入れながら、どのような詰め物、被せ物にするか決定していきます。


イメージ画像

STEP 3 仮歯の製作

STEP1~STEP2をふまえ、仮歯の製作を行います。


イメージ画像

STEP 4 仮歯のチェック

仮歯ができたら、実際のイメージに合うかどうか、確認します。厚みや歯の軸の方向、周りの歯との色調、歯肉の色やラインなど、見た目や機能の点から細かいチェックが行われます。


イメージ画像

STEP 5 口腔内での仮歯のチェック

色や形など患者様のお口と合うかどうか、口腔内で最終確認を行います。


イメージ画像

STEP 6 仮歯の最終調整

仮歯に問題がないようであれば、つや出しを行って最終的な調整を行います。


イメージ画像

STEP 7 仮付け

仮歯を装着します。本歯ができあがるまでは仮歯で過ごしていただきます。


イメージ画像

STEP 8 セラミック素材の詰め物、被せ物の製作

仮歯に問題がないようであれば、本歯に入れる詰め物や被せ物の製作を行います。

 


当医院では患者様の歯の状態や希望に合わせて、1人1人に最適な治療を提供します。
ご不明な点などがある場合は、遠慮なくご相談ください。


ページトップへ