COVID-19(新型コロナウイルス)の感染拡大における当院の感染症対策に関して

COVID-19(新型コロナウイルス)の感染拡大における当院の感染症対策に関して

日本歯科医師会より 4月30日の時点で “歯科治療を通じて患者がコロナウイルスに感染した例は1件もない”との発表がありました。

COVID-19(新型コロナウイルス)の感染拡大における当院の感染症対策に関して

祐天寺えいしん歯科のホームページをご覧いただきありがとうございます。
COVID-19(新型コロナウイルス)の感染拡大における当院の感染症対策に関して、当院で行っている取り組みについてご案内いたします。
また、ご来院患者のみなさまにも来院時の体調確認、アルコールによる手指消毒を実施しております。
祐天寺えいしん歯科スタッフ一同、患者様に安心して診療を受けていただけるよう対策をより一層強化していますので、ご不便をおかけすることもあるかとは存じますが、ご理解とご協力の程よろしくお願い申し上げます。

当院の取り組み

取り組み1院内スタッフの毎日の検温及び手指消毒の徹底

スタッフは毎日検温を行い体調管理を行っています。
処置の前後アルコール消毒による手指消毒を徹底しています。

取り組み2院内スタッフの感染防護対策

使い捨てグローブ、マスク、フェイスガード、キャップを使用して診療を行っています。
待合室からご案内や、治療の説明など大切なお話をマスクやガードをつけたまま行うのは不本意ではございますが、患者さまに安心して診療をうけていただくための感染予防の一貫としてどうかご理解ください。

取り組み3診療室内の換気及び空気清浄機の設置

共用スペースである受付、診療室内にも空気清浄機を設置しています。
清浄機のフィルター部分の清掃もこまめに行うようにしています。

取り組み4待合室における雑誌類の撤去及びウォーターサーバーの使用停止

待合室の雑誌類及びウォーターサーバーは不特定多数の方が触れるため感染リスクを考慮して一時的に撤去、使用中止のお願いをしております。

取り組み5体調及び海外渡航歴等の確認の徹底

来院患者のみなさまに、確認事項をご覧いただき体調の確認を徹底しております。

取り組み6来院患者様に対するアルコールによる手指消毒の実施

受付の手指消毒用のアルコールをご用意しています。
来院時の使用をお声かけさせていただいております。

当院での滅菌・消毒

当院では普段から感染症予防対策に力をいれています。

治療に使用している器具は全て滅菌

お口の中に入るハンドピースも全て、患者様毎に交換し、滅菌を行っています。

グローブ、コップ、エプロンなどはディスポーザブルで使い捨てで使用しています。

当たり前のことですが、グローブ、コップ、エプロンのほか、滅菌に使用するパックなども使い捨てで使用しています。

診療台の消毒の徹底

患者さま毎に診療チェアや、患者様や術者が触れる周辺の箇所のアルコール、次亜塩素酸の消毒薬を使用して消毒を行っています。

来院される患者さまへ




万が一体調が優れない場合はご予約の延長をお願いする場合がございます。

初めて来院される方へ

当院の治療の特徴

「保存」…可能な限り歯を抜かない、ご自身の歯を残す治療をします。
「低侵襲」…可能な限り歯を削らない、ご自身の歯を生かす治療をします。
「予防」…将来ずっと健康な歯を保てるよう、虫歯の原因からアプローチし、再発を防ぎます。
徹底したカウンセリング最新の設備での診断・診査で、患者様に適した治療を提案します。
しっかり噛めるという機能的な面はもちろん、審美的な面にもこだわった治療をします。