歯の寿命を長くするための治療を行っているえいしん歯科の特徴

えいしん歯科の虫歯治療

当院の治療の特徴

「保存」…可能な限り歯を抜かない、ご自身の歯を残す治療をします。
「低侵襲」…可能な限り歯を削らない、ご自身の歯を生かす治療をします。
「予防」…将来ずっと健康な歯を保てるよう、虫歯の原因からアプローチし、再発を防ぎます。
徹底したカウンセリング最新の設備での診断・診査で、患者様に適した治療を提案します。
しっかり噛めるという機能的な面はもちろん、審美的な面にもこだわった治療をします。

初めて来院されるかたへ
当院では徹底した説明、カウンセリングのうえ患者様一人一人にあった治療を提供しています。
虫歯の治療においても、虫歯の大きさや部位によって治療法は様々です。
噛めるという機能の面においてはもちろん、見た目にもこだわった治療も得意としていますので、歯の色や形など現在気になっているところがある場合などもお気軽にご相談ください。

当院の虫歯治療
表面麻酔の使用

通常、神経のある歯に対して虫歯治療を行う際には、治療中の痛みを感じないために麻酔を使用して行います。
当院では、麻酔注射を行う時の痛みを和らげるため、歯ぐきに塗るタイプの表面麻酔を使用しています。
注射の麻酔を行う前に、注射をする部分に塗ると、その表面を麻痺させる効果があります。
表面麻酔の使用により、麻酔注射を行う際の「チクッ」とした痛みや重いような鈍い痛みを和らげることができます。

口腔内カメラ

当院では、患者様に虫歯の状態などをわかりやすく理解していただくため口腔内カメラを使って、お口の中や虫歯の進行の状態を撮影してお見せしています。
ご自身では見えづらいところもカメラだと撮影できるため、治療の内容もより理解していただきやすいです。

虫歯の感染部位の染め出し

当院では、“う蝕(うしょく=虫歯のこと)検知液”という薬を使用しています。
う蝕検知液を使用すると、虫歯に感染している歯質を染め出してくれます。
そのため、感染部位を残らず取り切ることができます。
また、感染していない部分を削りすぎることもありません。
徹底して感染部位をとりきってしまえば、再治療の可能性も低くすることができます。その結果、ご自身の歯の寿命を長くすることにつながります。

可能な限り歯の神経を保存

虫歯になると、本来は固い歯質が酸によって溶かされて、やわらかい状態になります。これを”軟化象牙質”といいます。
虫歯治療ではこの軟化象牙質を残らず取り切ることが大切になります。
取り切れていないと再発・再治療の原因になるからです。
通常、虫歯の治療ではタービンとよばれる”高速切削器具”という機械を使って歯を削ることで、短時間で効率よく治療を進めていきます。
しかし、軟化象牙質と、そうでない健康な歯を区別するのはとても細かい作業になるため、機械のみではその違いを感じることが難しくなってしまいます。
当院では“スプーンエキスカベーター”という器具を用いて、虫歯の取り残しがないか確認していきます。
虫歯が大きく、機械で削りすぎてしまうと歯の神経の保存が難しくなるようなケースでも、スプーンエキスカベーターで慎重に感染した歯質だけをとるので可能な限りご自身の健康な状態の歯質や、歯の神経の保存が可能になります。